2010年5月アーカイブ

ウチジロマイマイ

| コメント(0) | トラックバック(0)

ウラジロマイマイ

ウイルマ(モントレートイトスギ)に発生したウチジロマイマイです。

以前はカイヅカイブキやヒノキ、ビャクシンなどでの発生が時折見られましたが、最近はカイヅカイブキが減ったためなのか、他のコニファー類にも寄生するようです。

幼虫は芽先を好んで食害するため、酷い被害になると樹全体が赤っぽく変色したようになります。

年2回の発生です。

撮影日 5月29日

 

コブシハバチ 2010

| コメント(0) | トラックバック(0)

コブシハバチ2010

今年もコブシハバチの発生時期です。

2008年は5月16日に、2009年は5月23日に発生を確認しています。

このコブシの場合はまだ群生していたので、発生葉ごと除去してしまえば防除可能です。

幼虫は寄り集まって葉を食害し、十分に成長すると地上に移動して土中で蛹になるようです。

撮影日 5月25日

 

シロアリ

| コメント(0) | トラックバック(0)

シロアリ

サクラ腐朽部に発生していたヤマトシロアリです。

腐朽部にシロアリは付き物ですが、「シロアリは枯死部、腐朽部を加害し、健全部は加害しない」というのが定説で、「腐れがあるからシロアリがいる」ということでしたが、最近はイエシロアリによる生きた樹木への被害が広がりつつあるようです。

すでに関西でも確認されていますし、東京では実際に倒木などの被害が出ているようです。

撮影日 5月22日

 

ウスバツバメ被害樹

| コメント(0) | トラックバック(0)

ウスバツバメ被害樹

この時期なのにサクラの葉が茂っていないのは、ウスバツバメの食害のためです。

通常、数匹は普通に見られる虫なのですが、時折、局所的に大発生します。
まさしくその局所でした。

ここまで食害されると来春の開花は難しいかもしれません。

4月下旬~5月上旬には、発生の確認が必要でしょう。

撮影日 5月22日

ウスバツバメ

 

 

オビカレハ2010

今年は発生が遅く、その量も少なかったように思います。

まだ若齢と思われるものから、すでに中~終齢幼虫のものが同時に見られたのは、今年の寒暖の影響でしょうか・・・

撮影日 5月8日

 

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

月別 アーカイブ