2011年2月アーカイブ

キリ 腐らん病?

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日見積もり依頼があったところが、以前から気になっていたキリの近くを通る場所だったので、ついでに寄ってきました。
写真は2005年4月に撮影したものですが、その時は「キリ腐らん病かな~?」と思いながら撮影したのを記憶しています。

キリ1


キリ2

こちらの画像は今日撮影したものです。
キリは枯れたのか、伐採されていました。
切断面から今年伐採されたものではないようです。

キリ3


キリ4


キリ6

腐らん病は「病班が幹を一周するとその上部は萎いちょう枯死する」ということですが、もし腐らん病だとすると、こんな大木を僅か数年で枯らしてしまうとは、恐るべしキリ腐らん病です。
キリ樹幹の病害としては、他に「さめ肌胴枯病」、「胴枯病」がありますが、腐らん病と同所に存在することもあるようです。
果たして、このキリを枯らしたのは?。。。

 

ケヤキ腐朽木伐採

| コメント(0) | トラックバック(0)

根元が腐朽したケヤキの伐採作業です。
隣接して住宅があり、しかも外壁ではなく大きな窓の近くにあったので伐採となりました。

ケヤキ腐朽

伐採前

ケヤキ腐朽2

伐採後


ケヤキ幹中央部

幹中央部まで腐朽は進んでいました。

ケヤキ根元切断面

根元の切断面です。

ケヤキ防御層2

根元切断面の腐朽の酷い場所を取り除いて見ました。
腐朽ヶ所にはシロアリの寄生も見られました。
腐朽の酷いところと比較的健全と思われる部分には黒いラインが見られます。
これは樹木が腐朽の進行を防御しているのでしょう。。。

 

ヒマラヤスギ支障木伐採

| コメント(0) | トラックバック(0)

ヒマラヤ伐採前1

伐採前

ヒマラヤ伐採後1

伐採後

ヒマラヤ伐採前2

伐採前2

ヒマラヤ伐採後2

伐採後2

ヒマラヤスギの支障木2本の伐採作業です。
隣接する住宅から「日照不足で家が暗く、洗濯物が乾かない」との要望で伐採となりました。

ヒマラヤ伐採中

電線の多い場所でしたが、何とかラフタが入り届いたので助かりました。。。

その他、ケヤキも伐採しました。

ケヤキ


 

地下支柱 その後

| コメント(0) | トラックバック(0)

15年位前に流行った地下支柱の現在の状態です。
今は、地下支柱も分解性のベルトや木製のものが市販されているようですが、当時はありませんでした。

地下支柱1

この樹が枯れた原因は不明です。

地下支柱2


地下支柱3

ここまで食い込んでしまうと取り外すのは困難でしょう。
支柱は毎年、もしくは少なくとも2~3年に1回は幹への食い込みがないかを確認し、場所を変えて付け変える必要があるようです。
樹木の成長とともに、取り外す、もしくは付け変えるという管理計画がなければ、やはり支柱は腐るものでなければならないでしょう。。。

 

マイマイガ卵殻

| コメント(0) | トラックバック(0)

シラカシに見られたマイマイガの卵殻です。
卵で越冬するため、見つけたら今のうちに取り除いておきましょう。。。

マイマイガ卵殻


 

支障木 クヌギ伐採作業

| コメント(0) | トラックバック(0)

支障クヌギの伐採作業です。
クレーンなどの機械はまったく入らない現場なので、登って「吊る切り」という仕事です。
大枝が隣接した民家の屋根に掛かっており難儀しましたが、樹木医仲間の応援もあり何とか無事終えることができました。

クヌギ伐採前2

伐採前

クヌギ伐採中


クヌギ伐採中2


クヌギ伐採中3

切り株が低すぎるとつまずく恐れがあるので、腰掛けくらいの高さにとのこと・・・

クヌギ伐採中4


クヌギ伐採後

伐採後

Sさん、Kさん本当に有難うございました。
 

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

月別 アーカイブ