2012年11月アーカイブ

2012.11.30.jpg

作業前

PB221840-2.jpg

作業後
 

今回も支障木の伐採作業でした。

「何でこんな狭いところに生えてきたの?」と言いたくなるような現場でした。
勿論、レッカーは入らずです。

ただ、市街地では樹木が伸び伸びと成育できる空間が本当に少なくなりましたね~。。。

ニセアカシア あっ、痛!

| コメント(0) | トラックバック(0)

2012.11.27.JPG

 

2012.11.27-2.JPG

ニセアカシアの強剪定作業でした。

この日はニセアカシアだとわかっていたのに、うっかり通常用いている薄手の手袋でした。
そのため、枝を握る度に「あっ、痛!」、「あっ、痛!」の連続です。
特に枯れている枝の刺は強烈です。

指先が思うようにう動かせない豚革手袋は普段使うことはないのですが、今日ははめておけばよかったかも・・・
ハリエンジュとはよくいったものです。
因みに刺のない、トゲナシハリエンジュもございます。

ニセアカシアは成長が早く、根粒菌と共生し痩せ地でも生育可能なことから彼方此方で植栽されましたが、浅根性であり、また、老齢樹になるとベッコウタケ病に罹病しやすく倒木の危険性が高くなるため、最近では植栽されることは少なくなりました。

ベッコウタケの過去記事は、こちら・・・
http://miyamoto-tree.com/blog/2009/02/post-11.html

そして今では、繁殖力が旺盛のため、在来の植生に悪影響があると言うことで、要注意な外来生物として危惧されています。
これらの樹木はやはりバイオマスとして利用していくことが重要なのでは・・・
ニセアカシアは薪炭材としては適しているようです。

エノキ枯木伐採 大阪市某所にて

| コメント(0) | トラックバック(0)

今年も残すところ、あと1ヶ月と1週間程度になってしまいました。
えらいこっちゃ~・・・

毎年のことですが、11月の中旬を過ぎるとだんだん気持ちが焦ってきます。
 

enoki.bassai.JPG

作業前
 

enoki.bassai2.JPG

作業後

エノキ枯木の伐採作業でした。

 

ケヤキ強剪定

| コメント(0) | トラックバック(0)

2012.11.21.jpg

剪定前

2012.11.21-2.jpg

剪定後

近隣からの要望、そして度々剪定できないということで強剪定となりました。
落ち葉、高圧電線への支障ということです。

「ここまで剪定するなら伐採しては」と思いましたが、「それはチョッと」とのこと・・・
工事のため、いずれは伐採しなければならないようですが、現状ではまだ伐らないようです。

ケヤキの美しい樹形を維持するには、やはりそれなりのスペースが必要でしょう。
定期的な維持管理ができないのであれば、民家隣接地、高圧電線付近には植栽しない方がいいのでは。。。
 

2012.11.21-3.JPG



2012.11.21-4.JPGのサムネール画像

 

今回もぼちぼちでした。

| コメント(0) | トラックバック(0)

 

2012.11.02-2.jpg

今回も車が入れたので難なく終了です。
ただ、少し距離があったので数回に分けて、小さめでの伐り離しでした。

そして、そのまま材の運搬へ!

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

月別 アーカイブ