2014年2月アーカイブ

2014.02.26.JPG


今回もクスノキの強剪定作業でした。

巨木になるような寿命、剪定後の萌芽力。
そして、何と言ってもチェンソーの切込のよさがクスノキの特徴でしょう・・・

伐ることも多いですが、本当に好きな樹木です。

 PS:上にある高圧電線にクスの枝が接しかけているような状態だったので、丁度、剪り時だったと思います。
今回も近隣の方々から強い要望があったようです。。。
 

連理のクス~再度公園

| コメント(0) | トラックバック(0)

renri.JPG
 


renri2.JPG


神戸の再度ドライブウエイ近くに有る「連理のクス」です。

連理とは、
①一つの木の枝が、ほかの木の枝と一続きになっていること。
②夫婦・男女の仲の親密なこと。
連理の枝とは、夫婦・男女の仲のむつまじいことのたとえ。(日本語大辞典)
とのことです。

このような枝の癒合は、同じ個体の枝や、別の個体でも樹種が同じか、極めて近縁の種類であれば見られるようですが、樹種が異なる場合にはまず起こらないようです。

そして大龍寺へ・・・

tairyuji.JPG



再度の椎の古木に降る雨の音のさやけさ白ひ立ちつつ
仲郷三郎瑛
昭和32年7月  神戸緑化協会 


tairyuji2.JPG


確かにすばらしい、スダジイ林でした。
 

futatabi.JPG


再度公園
こちらはアカマツ林が「日本の名松100選」に選ばれているようです。
 

支障木伐採 吹田市某所にて

| コメント(0) | トラックバック(0)

2014.2.21.JPG


支障木の伐採作業でした。

何故、伐採になったのか詳しくは分かりませんが、施設の改修、修繕でのことのようです・・・


2014.2.21[1].jpg


 その他も伐採しました。
 

樹木調査  大阪府下にて

| コメント(0) | トラックバック(0)

chousa.JPG


樹木調査のお仕事も時々ございます。


chousa2.jpg


昨年の調査時の1ページです。

楠木大神

| コメント(0) | トラックバック(0)

kusu1.JPG



kusu2.JPG


以前から何度か通っていたのですが、近くでとある研修会があり、ついでに撮影しました。
この中央分離帯のように残された樹木が前から気になっていたので、ネットで調べて見たところ「楠木大神」とのこと・・・

詳しくはこちらを、

http://www11.ocn.ne.jp/~masuosan/saino-kami.html

http://www.nikkei.com/article/DGXBZO48491360W2A111C1AA2P00/

PS:近くにある「末広大明神」の道も何度か通ったことがあったのですが、今回は寄れませんでした。

tounezu1.jpg



tounezu2.JPG


トウネズミモチの伐採作業です。

日本の準固有種であるネズミモチに対して、トウネズモチは結構大きくなりますね~。
そして光環境のいい所であれば、その繁殖力もすごいようです。
今回伐採したのも池畔でしたが、周りにはトウネズミモチがたくさん生えていました。

PS: 因みに、葉を光に透かして葉脈が見えるのがトウネズミモチ、見えないのがネズミモチです。
 

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

月別 アーカイブ