2015年1月アーカイブ

niseakashia.jpg

ニセアカシア林

niseakashia kujyo1.jpg

とある住宅街に近い山中で見られたニセアカシア林とそこに設置されていた看板です。
ニセアカシアは北アメリカ原産で明治初期に緑化樹として導入されましたが、その繁殖力の強さから在来植生への影響を懸念し、今では「要注意外来種」に選定されています。

最近では六甲山等でも駆除が行われている様ですし、その他各地でも様々な取り組みが行われているとのことですが、ニセアカシアの萌芽してから開花結実までの期間が短いこと(3年)、土壌中で長期間種子の保存が可能なこと、根株や根からの萌芽力が優れていること等から、中々根絶には至っていない様です。

niseakashia kujyo3.jpg

PS:あえて場所と管理者の名称は伏せております。

追記:私の住む箕面市ではたとえ山中に生えたニセアカシアであっても、「緑は伐ってはダメ!」という風習がある様です。


 

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

月別 アーカイブ