2016年9月アーカイブ

モミジ 不定根

| コメント(0) | トラックバック(0)

futei.jpg

とある場所で見られたモミジの不定根です。
幹の傾斜側には二脚頬杖支柱が取付けられていますが、不定根は自然に成長したのでしょうか?・・・

PS:不定根の成長時には養分がそちらにとられ、既存の根に送られる量が少なくなり力学的にはマイナスとなる恐れもあるので、支柱の設置が必要となることもあるでしょう・・・ 
特に不定根により樹勢が回復し枝葉が茂った場合には、幹折れや大枝の折れ等が起こりやすくなるので注意が必要です。

 

倒木撤去

| コメント(0) | トラックバック(0)

yuri touboku.jpg

台風16号の襲来により倒木したユリノキです。

yuri ne.JPG


yuri ne2.JPG

その根株はスポンジ状態で、測量ポールが安易に突き刺さりました。
子実体は見られませんでしたが、他の樹に比べ葉の量も少なく、枯れ枝もあり、衰弱が見られておりました。
リスクの高い街路樹では、このような兆候が見られる樹木は調査し、必要に応じてはたとえ枯れていなくても伐採等、何らかの処置が必要でしょう・・・


popura ne.JPG

そして、強風、倒木といえばやはりポプラでしょう・・・
古いものは更新され最近倒木は少なくはなりましたが、まだ残っているところではやはり被害が見られております。


 

karematsu.JPG


karematsu2.JPG

とある個人邸での枯れ松伐採作業でした。
電話をもらって見に行った時点では多少葉は青かったですが、明らかにマツ材線虫病である兆候が見られたので幹にポンチで穴を開けましたが、やはり松ヤニはまったく出ない状態でした。

その時点で諦めて頂いたのですが、「枯れてしまっているし、どうせ伐るなら早い方がいい」とのことで今回伐採にお伺いしました。

matsuyani.JPG

アウト
 

matsuyani2.JPG

セーフ

一般の方々にはこちらのページがわかりやすいかと思います。
http://www.jpgreen.or.jp/kyoukyu_jyouhou/gijyutsu/matsu_byou/index3.html
(財)日本緑化センターHP


karematsu3.JPG

PS:来年からは残された別のマツに土壌潅注剤の潅注か、マツノマダカミキリ後食の予防散布を行ってほしいとのことでした。




 

youheki.JPG


youheki2.JPG

擁壁上に生えた支障木の伐採作業でございました。

 

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

月別 アーカイブ