2014年9月アーカイブ

tsuta1.JPG
 

tsuta1-2.jpg

空家での作業でした。
剪定、伐採、除草の他、ツタの除去も行いました。

 

ナラタケモドキ

| コメント(0) | トラックバック(0)

naratakemodoki.jpg

山中の切り株で見られたナラタケモドキです。

naratakemodoki2.jpg

こちらはモミジ生立木に発生していたものです。
葉の小型化や枯枝は見られたものの、枯死はしていませんでした。

naratakemodoki3.jpg

根元の他、幹の途中からも発生していました。

ナラタケモドキもナラタケ同様に樹木を衰弱・枯死させます。(ならたけ(もどき)病)
宿主としては10科13属19種が報告されており、中でもサクラやケヤキなどの広葉樹に対する病原力が強い様ですが、ヒマラヤスギにも被害は発生しているとのことです。

ナラタケとの違いは、ナラタケはツバが有るのに対し、ナラタケモドキはツバが無いことによって見分けられます。
また、ナラタケよりナラタケモドキの方がより暖かい地方に発生する様です。

 因みにナラタケやナラタケモドキは主に広葉樹と一部の針葉樹に、オニナラタケは主に針葉樹に発生するとのことです。

2018年2月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

最近のコメント

月別 アーカイブ