2019年2月アーカイブ

センダン こぶ病?

| コメント(0) | トラックバック(0)

センダン こぶ病.jpg

センダンの幹に見られたこぶ病?です。
シュードモナス・メリアエ(Pseudomonas meliae n. sp.)という細菌がセンダンの外傷に侵入したことにより発症する細菌病とのことです。
早生樹として注目されているセンダンですが、このこぶ病により材質が劣化し、用材としての価値が落ちてしまう様です。

大阪府池田市にて


参考文献:石原誠 (2008). 樹木病害シリーズ(4). 九州の森と林業86号 

 

宅地での伐採作業でした。

| コメント(0) | トラックバック(0)

宅地 伐採.JPG


宅地 伐採2.JPG

宅地での伐採及び一部樹木の抜根作業でした。
比較的広いスペースがあったので、チルホールで引っ張りどんどん倒していきました。

宅地 伐採3.JPG

大きいものは2ヶ所チルを仕込みました。
枝葉は結構な量を処分しましたが、材は依頼主様が有効に使われるとのことです。

宅地 伐採4.jpg

ここまで大きい根株となると、洗浄して幹も根も短く切断してからでないと処分は難しいでしょう・・・

施主様にも納得して頂き、近隣の方々にも喜んで頂いたので良かったです。


 

マツグミ

| コメント(0) | トラックバック(0)

マツグミ.JPG
 

マツグミ2.JPG

伐採したマツの枝に見られたマツグミです。
松枯れによりマツが減少し、最近ではあまり見られなくなった様です。
実は食することができ、ガムのような食感だそうです。
以前はヤドリギ科マツグミ属でしたが、新分類体系APGⅢではオオバヤドリギ科マツグミ属となっています。

マツグミ3.JPG


 

コナラ支障木伐採

| コメント(0) | トラックバック(0)

支障木伐採.jpg


支障木伐採2.JPG

コナラ支障木の伐採作業でした。
すぐ横に大きな建築物が建設される予定で、今のうちに伐らないと作業が困難になるとのことで伐採となりました。

支障木伐採3.jpg

雪がちらつく中での作業でした。
寒かったです。

 

道路越境枝剪定・伐採

| コメント(0) | トラックバック(0)

道路越境枝.JPG


道路越境枝2.JPG

道路越境枝の剪定及び伐採作業でした。
枝は道路を越境し民家側の屋根付近まで伸長しておりました。
道路使用許可も無事に取れ、ラフタも停めれたので順調な作業でございました。

道路越境枝4.jpg


道路越境枝3.JPG

 

 

2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のコメント

月別 アーカイブ